前回に続き、今回はDURASのありさとGRACISさんへ行ってきました✨








今回は日本伝統の技と完成までのストーリーがとても魅力的だった、

『木目金』(もくめがね)

木目金(杢目金、杢目銅)とは、今から400年前の江戸時代に生まれた、金属の色の違いを利用して木目状の文様を創り出す日本独自の特殊な金属加工技術です。銘木の一種である鉄刀木(たがやさん)に模様が似ていることから、タガヤサン地とも称され、また霞打とも呼ばれます。




桜一輪





ダイヤのカットは桜の形に施されていて、つけるだけで凛とした気持ちになりました。









木目金の指輪ができるストーリーの中で、とても素敵だったのが、




本当に世界でたった一つ、2人だけの特別な指輪ができること。


世界のジュエリーブランドの中では5位に、日本のジュエリーブランドの中では圧巻の1位を受賞、北海道での取り扱いはGRACISさんのみですので、遠方からのご来店も数多くある、とても人気のブランドなのです。




生涯保証もさすがの対応です。


手に取る側の事を大切に考えてくれているのがとても伝わりました。



こういったブランドが日本にあったこと、知れば知るほど引き込まれます。









前回に続きGRACISの水口さんからブランド紹介、商品説明をしていただきましたが、どんな質問にも一つ一つ丁寧に対応してくださるので、安心して商品を見ることができました。

品揃えもサービスも万全に整った、
北海道最大規模のGRACIS札幌駅前店にぜひ一度足を運んでみてください。





今回も貴重なお時間ありがとうございました!!