1945年、第二次世界大戦が終結した年のポーランドの田舎町の修道院で起きた衝撃の実話。


実在するフランス人女医・マドレーヌ・ポーリアックの治療日誌に書かれていた、今まで明るみになることのなかった戦争の犠牲者。

その罪なき人々をモデルとして描かれている映画です。

1945年12月。マチルドは赤十字で医療活動を行っている若きフランス人女医。
そこへある日、一人のシスターが助けを求めやってきた、シスターはポーランド語を話しフランス人に治療をしてほしいと懇願するがマチルドは自分は担当できないと断るが、寒空の下、懸命に神への祈りを捧げる姿に心を打たれ、田舎にある修道院を訪れる。

そこでは7人の修道女がソ連兵の蛮行により身篭り、信仰と悲痛な現実の狭間で苦しんでいた。
マチルドは使命感に駆られ、彼女たちを助けようと決心する。





このようにかなり重いテーマなのですが、フランス・ポーランド合作ということで北欧映画のような淡々とした静けさで映画が進んでいく。



修道女が雪の山の中を歩くシーンや、修道院のシーンなどは、アンドレイ・タルコフスキーの「ノスタルジア」を彷彿させる。

1時間55分という時間で、この難しい問題を詰め込むには多少無理のかかるシーンもあったりで気になる人もいるかもしれませんが、私は最後まで、物語にも映像の美しさにも満足でした。
生まれた赤ちゃんを愛す修道女。
生まれた赤ちゃんを見ることすら、出来ない修道女。
神に背いたと、悩み苦しみ続ける者。
修道院を去る者。

いろんな選択肢が描かれているもの良かった。
何より、マチルドと修道女の絆には胸が熱くなります。



そして、やっぱりここでもフランス人は恋愛をしているのです。(笑)
愛の国、フランス。