「ダンケルク救出作戦」または「ダンケルクの奇跡」
と呼ばれる、第二次世界大戦の1940年にドイツ軍によってフランスの港町ダンケルクに追い詰められた英・仏連合軍約40万人の救出劇の実話。


英仏連合軍の倍の人数がいたとされるドイツ軍に追い詰められ、絶体絶命だった。
そこで当時のイギリスの首相チャーチルは「戦う」ことではなく、真逆の「撤退」を指示。
兵士全員を救出する作戦が始まりました。
当然、40万人を救出するためには軍艦だけでは足りず、民間の船を含む約900隻がダンケルクを目指しました。

そこで驚くのが、民間の船で救出に向かったのは、強制ではなく、自主的に救出に向かったといいうこと。
そのことも映画では丁寧に描かれていて、鳥肌が立つほど感動的なシーンでもあります。




このダンケルクの戦いによりたくさんの武器を失ったイギリス。
しかし、この救出劇によりイギリスには若い兵士の人的確保はできた。

もし、この救出がなかったらその後のノルマンディー上陸も出来なかったかもしれない。
もしかするとドイツ軍が戦争に勝っていたかもしれない。

歴史が覆るほどの出来事のように思います。


CGが大嫌いで有名なクリスファー・ノーラン監督。

劇中出てくる戦闘機は2機とも本物。
カメラのアングルや、IMAXで撮影した迫力の映像はもちろんですが、セリフ少な目の俳優たちの繊細な演技も含めて完璧な映画だと思う。


ぜひIMSXで見てもらいたい作品です。