ドローンパイロット
長岡未来さん☆

2019.5.31 17:00 #FCP特集

今日はドローンパイロットの長岡未来さんをご紹介します!

あたしのインスタを見てくれている方はみなさんご存知であろう。

そうです。

みくねーです!笑

いろんな方をご紹介させていただきーの このタイミングでみくねーは まーまーあたしとしては遅い仲のお方!笑

上半期ラストのゲストさんということでね! 満を持して登場ということでさ!

とにかくみくねーを一言で表すならば 【勢いあるおっかしい人】!爆笑

まっぢでおもろいんだよ!爆笑

もう一度同じ画像載せますが

こんなお澄まし顔のただただ綺麗なお姉さんじゃないのです!笑

勢い的にはライブバージョンの倖田來未さんのテンションを日常から誰に対してももってきちゃう人!←すんごいわかりやすいと思うんだけど伝わる?笑

プライベートでもお仕事でも みくねーがいる会はまーいつもみんな大爆笑をして疲れ果ててその会を終えています!笑

ここ最近で言いますと。

ラジオ局での打ち合わせ中に起きた その名も【元男性疑惑事件】!

意見を述べるタイミングがあり それぞれ話していて、いいねいいね!と 順調に進んでいる中みくねーの番がくるなり 何をどーしちゃったのか 「えー俺はですね!」と 急に自分を『 俺 』と言い出しましてん!爆笑

えっ。爆笑

その場の空気が一瞬止まりました!爆笑

「えっなんであたし俺って言っちゃったんだろ!本当にごめんなさい!」と顔を赤くしながら謝ってた!爆笑

そんな間違いある?爆笑

みんなで 「えっみくちゃんいつも自分のこと 俺って言ってるの?」と笑いが止まらなかった!

ありえない間違いをしでかす大人なのです!

天然とはまた違う面白さがあり、 本当にやることなすことおっかしいの!爆笑

それが1日1笑じゃないから まぢ勘弁状態です!爆笑

身長もありスラッとしていて小顔で綺麗で 喋らなかったら絶世の美女なのに なんとも予想外にしてくれる姉貴!

辛い時も楽しい時もいつも一緒にいてくれてなぜかあたしの誕生日当日は あたしのママとみくねーと3人で過ごすのが 3年連続だったりね!

最近はなかなか会えていなかったのですが 大人になってからの青春を感じたのは 紛れもなくみくねーとの時間が多かった!

あーみくねーを紹介するといつも以上に爆笑の連続になるな!笑

あっ言っておきますがここからが本題ね!
(またもや紹介が長っ。笑)

そんなおっかしい(笑)みくねーなのですが 経歴が凄い!

看護師→健康食育マスター→モデル→ドローンパイロット

これだけ見るとなかなか共通点が見つけられないと思うのですが しっかり一つの線で今も伸び続けているのです!

まず看護師だったことにもみなさん 驚きだと思うのですが。

みくねーは医療の世界に10年間携わっていました!

その中で人が元気になる根元は【 食 】だと感じ、自分の想いを追求する為 看護師をやめ 31歳の時健康食育マスターの資格をとります。

同時に発信力を付けるために モデル事務所に所属。

31歳でモデルデビューの方はなかなかいなく 当時は特集もされたそうです!

自分の知名度を上げながら とにかく食の大切さを発信!

モデルであり健康食育マスターとして 各地で講演会を開く中で 農家さんとの関わりが増えます!

食を生み出している農家さんとの出会いは みくねーにとって凄く大きなものになり 北海道の美味しい野菜やお米などは 人を元気にしてくれる大切な財産であり、宝。

農家さんと話していると高齢化の今
体力の問題や跡継ぎ問題。

それこそみくねーが求めていた大元の人たち。

人が健康になっていく最初の原点を見たときに、やっぱり食だな。そうだよね。それを作ってくれるのは農家さんだよね。 その人たちが喜ぶこと、美味しい北海道の野菜がずっと残り続けることを 考えたら絶対守っていかなければいけないなと話しを聞いていて強く思ったそうです。

こんなに素晴らしい食を作ってくれている方々の何か少しでも安心できる役には立てないだろうかと考え始めます!

そんな時、ニュースでバーンっと入ってきたのが農業用ドローンだったそうです!

これだったら農家さんに携わり、お役に立てるかもしれない!

そんな想いからドローンを始めます!

想いが強く、決めたら早いのがみくねーです! 本当に尊敬します!

まずはドローンの認定資格を取得!

去年には念願の農業用のドローンの資格も取得しました!

農薬散布などそういった作業ができる人が携わってくれるだけで心強いですよね!

北海道の野菜やお米は本当に美味しいし、道外や海外の方たちも認めてくれる大切なブランドです!

人が元気だと大好きな地元北海道がもっと 元気になる。そこはイコールだと思う!と みくねーが言っていました!

今は 医療の現場でいろんな方を見てきて感じた 絶対的な食の大切さを忘れずに 農家さんに寄り添い活動しています!

そして、まだまだドローンというものを 知らない人が多いのが現状!

北海道にはドローンパイロット自体少なく、特に女性はかなり少ないそうです!

農家さんに携わると同時に ドローンを広める活動もされています!

子どもを対象とした 親子で参加できる プログラミングとドローンを掛け合わせた内容のイベントを開催!

2020年には小学校の義務教育の一貫で プログラミングの授業がスタートする上で 先に触れられるとても未来あるイベントを開催してます!

プログラミングを学ぶ上でドローンも前にやったなと思い出してくれたらいいですよね!

そして、北星余市高校でドローンの授業を担当しています!

ドローンの授業が高校で導入されたのは 北海道初なんだそうです!

「これからの将来を考えていく上で未来ある子どもたちには選択肢を増やしてあげたい!
大学に進学するのか。就職するのか。 迷いながらもワクワクした話しの中に ドローンが入っていたら嬉しい!
そして、何かの仕事のプラスアルファーで ドローンの資格を持っていると間口が広がると思うんだ!
看護師の免許も持っていてドローンの資格を持っていると災害の時に飛ばして より多くの人たちを助けられるかもしれない!
不動産でも宅建を持っていて、マンションの外観を上からドローンで360°撮影できたらお客さんも喜ぶよね!
自分の仕事のプラスアルファーにすることができたらもっと仕事にやり甲斐があるものになると思うんだ!
そんな話しを授業ではしていて 未来ある生徒たちには大いに夢を描いてほしい!」
と話してくれました!

たしかにすぎて口がぽかーんとなってしまいました!笑

今ある職のあり方ではなく、こういった 未来のあり方を話してくれる先生の授業を受けられる生徒さんは幸せですね!

自分の使命を感じているものに対しては 本当にまっすぐで真面目で面白さ0のカッコイイみくねー!

ですが冒頭でもお話しましたが きっと授業はおっかしいと思うんですよね!爆笑

楽しみながら未来を描ける時間があるって幸せだと思う!

看護師を経験し、 人が元気になるのは食だなと思い健康食育マスターとなり、それを広めようと思ってモデル活動を始め、食の原点に携わるところから発信したいとドローンパイロットになるというとにかく人の為が大前提にあるみくねーの人生はダイナミックすぎていつも驚かされます!

今回のインタビューで印象的だったのは
「正直、昔は何かやることに対して不安だったり、新しいことに適応していくのが難しかったり、おっくうだったり! あたしは30歳過ぎてからいろんなことに挑戦できるようになったんだ! だから何が起こるかわからないし、誰かの為にと強い思いがあれば自然と諦めない! 焦る必要はないし、きっとみんな自分のタイミングで訪れるんだと思う!」

あたしも今年30歳という歳を迎えます!

いいタイミングでとても心強い言葉が聞けた!

札幌観光大使でもあるみくねー!

これからも力強くおっかしさも忘れずに 人を魅了しながらみんなをハッピーにしていってください!

きっとみくねーの中での野望はまだまだ途中なんだろうな!

これからが楽しみですね!

素敵なお話しありがとうございました!

FCP特集一覧に戻る

# FCP特集 ARCHIVE

READ MORE

モデル・タレント 川守田理恵さん☆

2019.5.17 17:00 # FCP特集
READ MORE

モデル佐藤悦子さん☆

2019.5.10 19:00 # FCP特集
READ MORE

KIREIMO札幌駅前店さん☆

2019.4.26 14:30 # FCP特集